「上田式 腰痛革命プログラム」【腰痛のパターン】

慢性的な腰痛

 

腰痛に苦しむ大半の方が陥っているのが、この慢性的な腰痛です。
少し腰を動かすだけで激痛が走るという程ではありませんが、
何をしていても四六時中腰が痛むという厄介な症状が特徴的です。

 

腰痛女性

【痛みの特徴】

・長時間椅子に座っていると腰が重くなる
・車の運転をすると腰が痛くなる
・足腰が重くなる
・立っていても腰が痛い
・歩いていると腰が痛む

 

慢性的な腰痛になってしまうと、常に腰が重く、痛みの種類も鈍い状態になります。
その影響で体全体が重く感じてしまいます。
特に、慢性的な腰痛になりますと、腰の痛みだけではなく、
腰から下の部分、太もも、ふくらはぎ、足首の付け根に痛みが生じるようになり、
症状の酷い人になりますと、布団の上に横になっていても足の痛みが治まらず、足を伸ばせない事もあります。

 

 

 

急性腰痛(ギックリ腰)

 

慢性的な腰痛に対し、何の予兆もなく腰を痛めるのがギックリ腰です。

 

ギックリ腰の原因とされるのが私たちの脊髄にある椎間板と呼ばれる
線維輪部分の老化が原因とされています。

 

この老化とともにひび割れや圧迫により中の髄核がとび出してしまい神経に接触、
もしくは線維輪のひび割れにより髄核がはさまり神経に当たる為に痛みが生じます。

 

そして、この接触によって脊髄に激しい刺激が加えられ雷に打たれたように痛みを生じるのですが、
これがギックリ腰の正体となっています。
老化といえども若い方でも急な圧迫や過度の運動でも起こります。

 

腰痛

【痛みの特徴は人により異なります】

 

・息をしても腰が痛い
・動けない痛み
・ズキっとする痛み
・ピクピク感
・前屈ができない
・反る事ができない
・ひねる事ができない

 

そして、このギックリ腰は癖になりますので、一度ギックリ腰を起こした後は
生活の中で無意識にとっている行動の中にある原因を探し、
その行動を改めなければ度々ギックリ腰を起こしてしまう事になります。

 

【ギックリ腰の対処法】

 

腰を痛めた時は温めるという話を聞いた事があると思います。
しかし、「上田式 腰痛革命プログラム」によると
腰を温めるのは慢性的な腰痛への対処法であり、ギックリ腰の場合は異なります。

 

実際にギックリ腰になった人であれば分かると思いますが、
ギックリ腰は腰の炎症(腰のねんざとも言います)ですので、腰部分が腫れあがっており熱をもっています。

 

このような状態で、腰を温めてしまうと、熱を持っている腰に余計熱がこもってしまう結果となり、
よくなるどころかギックリ腰が悪化してしまいますので、
ギックリ腰の場合はとにかく氷やアイスノンで冷やす事を心がけて下さい。

 

腰部分の熱を取ることが一番の改善方法となりますので、
冷やしすぎたかなと思うくらいが丁度いい具合です。

 

また、ギックリ腰になったとき、病院に行ったとしても「安静にして下さい」としか言われないと思います。
「安静にしろ、って言われても…」と誰もが思うはずです。
安静にするという事は寝ているという事になりますが、
実際になってみるとギックリ腰の時は布団やベッドの上で横になって寝ていても腰がズキンズキンと痛みます。

 

「上田式 腰痛革命プログラム」では
ギックリ腰になったときは、いつものように足を伸ばして寝るのではなく、
足を立てて寝ることを推奨しています。

 

足を立てて寝る

 

図のように足を立てて寝ることによって、腰のソリが生じませんので楽に横になることができます。
もし、上図の体勢で寝ても腰が痛む場合は、
ももの下に毛布などを敷く等、腰と地面のすきまがあかないようにして下さい。
症状により痛む箇所も異なりますので、痛みが少しでも軽くなるよう工夫してみて下さい。

 

※ギックリ腰は人により痛めた部位も度合も(痛みが背中であったりもします)異なります。

 

 

教材についてくわしくは⇒ 【上田式】腰痛革命プログラム